車のキズは査定にひびく

| コメント(0) | トラックバック(0)

どのような世界や物品でも、キズがついているものは中古品として買い取って貰うときに、査定して貰う段階で標準の買い取り価格から減額される対象となります。
車の世界でもそれは同じで、キズは減額対象となりますから、査定をして貰う際にはキズの有無は価格に影響が出る重要な項目です。
買い取った中古車を販売する側としても、キズのある車は高く販売できませんから、買い取り価格を抑えざるを得ないのです。

車のキズは、査定には大きく響く要因ではあると言っても、キズの種類やどれだけの大きさ、目立つものなのかによって、減額される数値が変わってきます。
車を売る際には、その辺りを把握しておけば、ある程度の減額予測が可能です。

例えば、現在では年数が経てば自然と付いてしまう細かい傷については、減額対象としない業者やディーラーも増えています。
虫眼鏡で見ないとわからないようなキズまでは、査定に響くことは滅多にありませんから、そこまで神経質になる必要はありません。
爪を滑らせていって、爪が引っかかるくらいのキズからが査定対象になると言うのが一般的です。

へこみと言う種類のキズについては、減点対象になると考えて差し支えありません。
場合によっては、へこみを直してからの方が結果的に金銭面でお得である場合もありますから、査定のときにそのことについては相談するようにしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commissionpayloadreviewandbonuses.com/mt-tb.cgi/2

コメントする