個人間売買での車売却で大事な名義変更とその2つのポイント

| コメント(0) | トラックバック(0)

車の売却手続きの中でも名義変更は、かなり重要度が高いです。それが完全に完了していないと、税金の請求などが発生してしまう事があります。また万が一の事故が発生した時にも、責任問題にもなってしまいかねません。ですので名義変更の手続きだけは、完全に完結させておく必要があるでしょう。

このため車買取の業者を選ぶ時には、その名義変更に関してはきちんと確認をしておくべきですね。最終的な車検証の郵送などが行われるか否かは、ホームページできちんと確認しておくのが望ましいです。またその郵送が何日以内に行われるかも、やはり確認をしておくのが無難です。

ところで車検証の郵送は、何も買い取り業者だけでなく個人間売買でも大事になってきます。車というのは買取業者に売却するだけでなく、オークションなどを通じて個人の方に売る方法もありますね。個人間売買でも、やはり名義変更の手続き完了は大事です。

ポイントは2つあります。まず相手と書面で契約を交わしておくべきという点ですね。口頭などで契約するのではなく、あくまでも書面を交わしておくのが重要です。もちろんその書面には、落札者によるサインを求めるべきでしょう。

そしてもう1つですが、前述の車検証の郵送が大事です。相手が名義変更を完了した事実を、書類で確認するのが大事なのです。やはり口頭での確認は、トラブルの元になりかねないので避けるべきでしょう。ですので落札者が名義変更を完了したのであれば、必ずそれを郵送させるようにした方が良いですね。なおかつ何月何日までに郵送を行うかも、きちんと明確にしておくべきでしょう。

このような契約書作りや確認が必要になってくるのが、オークションでの車売却のデメリットの1つですね。車買取業者の場合は契約書や車検証の郵送などは代行してくれるのですが、それを自力で行わなければならないので手間がかかる一面があります。
その代わり売却額が高くなります。手間を選ぶか売却額を選ぶか、という問題になるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commissionpayloadreviewandbonuses.com/mt-tb.cgi/7

コメントする