代行業者で車を売るデメリットと早さ

| コメント(0) | トラックバック(0)

車売却のためにオークション代行業者を利用するメリットは色々あります。一番大きなメリットは、車が売れる金額ですね。少なくともディーラー店などに比べれば、高く売れるケースが多いです。また顧客に対する手間も、大きなメリットでしょう。中には手間がかからないように配慮してくれるような業者もあるからです。

それを考慮すると確かにオークション代行業者はメリットが大きいのですが、デメリットもあります。その1つは、車の売却代金が支払われるまでのスピードです。

そもそもネットオークションも、代金が支払われるまでには若干の日数が必要ですね。車が出品されたら直ちに落札される訳でもありませんし、落札後も直ちに振り込まれる訳ではありません。

オークションの代行業者も、それと似ている一面があるのです。どれ位の日数がかかるかは、代行業者次第ですね。平均的には、依頼をしてから1週間程度かかる事が多いと言われています。

ところが車の買取業者の場合は、そこまで日数がかからないケースが多々あります。

よく見かけるものは、即日支払いが可能というお店です。つまり査定を行ったその日の内に、査定依頼車に対してお金を支払ってくれるというお店です。大抵そのようなお店は、現金払いを採用しています。もっともガリバーのように、銀行振り込みであっても支払いは早い所もあるのですが。ちなみにそのようなお店は、車買取の検索サイトなどを用いると効率的に探せるでしょう。

つまり売却額が支払われるスピードを考慮すると、車買取業者の方がメリットが大きいですね。オークション代行業者は、若干日数がかかってしまうのがデメリットではあります。しかし売却金額を重視したいのであれば、オークション代行業者を選ぶのが良いでしょう。スピードと売却額のどちらを重視したいかにより、選ぶ業者も異なってくると思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commissionpayloadreviewandbonuses.com/mt-tb.cgi/8

コメントする